おしゃれで落ち着けるフレンチランチ【RESTAURANT hidamarino】

フレンチ

烏丸駅より徒歩3〜5分の場所にあるフレンチ料理店 RESTAURANT hidamarino

ホテルグランヴィア京都などで研鑽されたオーナーシェフが手がける、接客も素晴らしく雰囲気の良いフレンチ料理店2023年フレンチwest百名店に選出されています。

非常に手の込んだ料理の数々と、1万円を切る価格設定のランチコースが魅力で、ネット予約にも対応されており、京都でおしゃれなランチのお店を探している時にピッタリのお店です。

お店の雰囲気

外観
白ブドウジュース

お店があるのはビルの1階。扉は少し奥まって影になっているところにありますが、店内は暖かな光が差し込む居心地のいい空間

冷房の効き過ぎを心配して膝掛けを出してくれる優しいオーナーのおかげか、フレンチ料理屋さんでありながら肩肘張らず、落ち着ける雰囲気でした。

今回頂いたコース

今回いただいたのは、ランチコース。

アミューズ
卵の殻を丸っと使ったアミューズ
卵の殻を丸っと使ったアミューズ(アップ)

ピリっと辛味のあるパプリカとトマト煮込みに、ベーコン、卵黄を合わせた、カレーのようなスパイスの香りも感じる一皿でコーススタート。

生ハムのアミューズ
生ハムのアミューズ

人参ムースのなめらかな食感に、コンソメジュレの旨味、利尻雲丹の香りと生ハムの塩味がバランス良いアミューズ。

前菜
まるでカプレーゼなマグロとビーツのタルタル
まるでカプレーゼなマグロとビーツのタルタル

プチトマト、モッツァレラチーズ、バジルソース、マスカット、マグロとビーツのタルタルを掛け合わせた、彩り豊かなカプレーゼのような一品。

鱧のベニエ
鱧のベニエ

ふんわりとした鱧のベニエとクレソンや万願寺とうがらしの苦味がコントラストになった、夏の終わりを感じさせる一皿など、多種多様な食材を組み合わせたフレンチ料理らしいメニューが続きます。

ヨシメモ

ベニエは天ぷらのフランス料理版。具材を揚げるときにビールも使い、ふわっとした食感に。食べる時にはほんのりビールの香りが楽しめます。

そしてベニエにはもう一つ、揚げ菓子の意味もあるようです。ドーナツに似ているそう。こちらは食べたことがないのでいつか食べてみたいものです!

スープ
かぼちゃのスープ
かぼちゃのスープ

落花生の茹で加減が絶妙で、濃厚なバターとカボチャの甘味も堪らない、海老、落花生、バニラのエスプーマ、バターナッツかぼちゃのスープ。

魚料理
尾長鯛のポワレ

皮目をパリッと焼き上げた、身がふっくらしている尾長鯛のポワレに、相性の良い白ワインベースのクリーミーなソース、滑りのある蔓紫、貝出汁で炊いた黒米を纏めた海鮮料理。

肉料理
仔鴨胸肉のロースト
仔鴨胸肉のロースト

弾力があって鴨肉特有の旨味も楽しめる仔鴨胸肉のロースト、賀茂茄子、ジロール茸、じゃがいものペースト、トリュフソースを堪能できるメインの一皿と、満足度の高い料理ばかりです!

デザート・焼き菓子

ベリーのソースがアクセントになった、黄桃のコンポートとヨーグルトのパンナコッタや、お茶菓子とカヌレも絶品。

【RESTAURANT hidamarino】について(2023/10/08時点)

店名:RESTAURANT hidamarino(レストラン ヒダマリーノ)

アクセス:阪急京都線 烏丸駅より徒歩3〜5分

営業時間:ランチ 12:00〜14:30 ※前日までの予約のみ
ディナー 18:00〜22:00 ※予約のみ

定休日:水曜、不定休

予約可否:予約可

予算:8,000円〜10,000円

食べログ評価:3.71

お店の最新情報は公式サイトまたは食べログなどを参考にしてくださいね。お店が気になった方は、食べログレビューから「お店を保存」も是非。

自信を持っておすすめできる名店だったので、ぜひ訪問してみてください。

ごちそう様でした!

タイトルとURLをコピーしました